2019年8月22日

意外と知らない!外構工事とエクステリアの意味と違い

こんにちは!株式会社西谷工務店です。
弊社では、大阪府吹田市を拠点に、近畿エリアで外構・エクステリア工事や雨漏りの修繕・防止、改修工事などを行っております。

さて、今回は「意外と知らない!外構工事とエクステリアの意味と違い」と題して、それぞれの言葉の基本や違いについて簡単にご紹介いたします。

それぞれの意味を知っていくと、その違いもとてもわかりやすいですよ!

外構の意味とは

「外構周り」「外構工事」といったように使われる外構は、住宅周りのいろいろな構造物の総称です。

フェンスや門扉、そこから玄関までつづくアプローチ(小道)やカーポート、ウッドデッキなどなど、こうした構造物が全て外構に入ります。

こうした設備の数々は、ご自宅の防犯性を高める役割があるのはもちろんですが、ご家族のコミュニケーションやご趣味を手助けするのにも欠かせませんよね。

じゃあエクステリアって?

エクステリア(exterior)を辞書で引いてみると「外観」という意味が出てきます。
私たちの業界においても、ほぼこのままの意味でエクステリアという言葉を使用します。
つまりは、住宅も含め、「外観」と呼べる外側の空間を彩る全体の要素を指すのがエクステリアという言葉です。

先ほどの外構の紹介で少しふれた構造物も含めて外回り全体の機能やデザインを指すんですね。

現代では、構造物自体の充実ももちろん大切ですが、それを満たした上でさらにデザインにも力を入れようとする姿勢が多くの職人に見られます。

「設備が整ったら次はデザインを……」というのはとても自然な流れですよね。

違いはそこにデザインや演出が入るか否か

外構が構造物のみを指すのに対し、エクステリアは空間全体のデザインや演出も含めた名称です。

「デザインや空間も対象にしているかどうか」が明確な違いになるということですね。

とはいえ、それぞれを明確に区別して使用している専門店はなかなかありません。
それは、お客様にいらぬ先入観や誤解を与えないためでもあり、施工の自由度を印象づけるためでもあります。

もし外構やエクステリアのことでお悩みでしたら、まずは一度プロに相談していただくのは一番でしょう。

外構・エクステリアのお問い合わせは弊社まで!

エクステリアや外構の工事に関するご相談なら、ぜひ西谷工務店にお任せください。
カーポートやフェンスの設置など機能面を考えた施工はもちろん、エクステリア全体のことを考えた施工にもご対応いたします。

官公庁からマンション、一般の戸建て住宅まで、施工に関するご相談はお問い合わせページよりお気軽にご送信ください。

外構・エクステリア工事スタッフの求人情報

弊社では現在業務拡大中につき、新しい人材を求人中です。

未経験からでもベテランスタッフがしっかりとフォローしますのでご安心ください!
まずは、簡単な材料運びから徐々に施工に関われるようになっていきましょう。

ご興味のある方はぜひ求人情報ページをご覧ください。

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

リフォーム工事なら株式会社西谷工務店へ!

リフォーム工事なら株式会社西谷工務店へ!

こんにちは! 大阪府吹田市を中心に、近畿地方の各地で活動している株式会社西谷工務店です。 リフォーム …

代表の仕事への想い

代表の仕事への想い

私は20歳からこの業界で左官工事を見習いとして初め、29歳で独立し個人事業を経て平成25年に現在の「 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社西谷工務店では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける …